2006 autumn NEW ALBUM RECORDING DIARY
2006.06.01更新



20060505〜20060506 / Rhythm REC前半/ 武田筆

秋発売予定のアルバムレコーディングをしてきましたよー。スタジオは前回のorangeryボーナストラックRECと同じ「スタジオ地球」。今回は全5日間でがっつり6曲分のリズム録音が目標!

まずはドラムのセッティングから。NRB氏所有のいつものCANOPUS(キラキラオレンジ)。色もポップだし一般的なドラムよりも小ぶりのサイズなのがかわいいんだよね。一通りセッティングが終わったら今度はドラムのチューニング。今回はドラムTECHの方も参加してもらって曲ごとに合う音をじっくり探しました。自分はドラムの知識無いので作業をじーっと見てるだけだったんだけど、徐々に変わっていく太鼓の音色でだいぶ印象が変わって聴こえてきたりでおもしろかった。RECのたびに思うんだけど、打楽器はほんとに奥が深いよなぁ。

真剣そのもの
準備OKデスカ?

ベースはいたってシンプルなセッティングで潔くライン出力のみの録音でした。間にエフェクター類は基本何も挟まず、言ってみればベーシストにとってはごまかしの効かない環境(丸裸♪)だったんだけど、結果イメージに近い素直なプレベの音が録れたよー。大満足ですほんと。
あと、曲の部分部分によってブリッジ部分にスポンジをはさんでミュート気味にしたり、歪みのエフェクターにFAT CAT(エンジニアの佐藤さん所有)を使ったりしました。 このね、FAT CAT(デブ猫?)がすごい良かった。ROCKな歪みなんだけど下品になりすぎないナイスバランスだったのです。RECが終わってから楽器屋をいろいろ探してるんだけどこれがなかなか見つからないんだなー。見かけた方は是非武田までご一報を。ラーメンくらいなら奢るよ!(笑)

隠し味♪
太くて「ニャー」という音がする

セッティングが終わったらもう後はやるだけですよ。ウリャリャーと気合いで録音。こんな感じではじめ2日間はドラム・ベースのリズム隊がメインの録音なのでした。

ガンバルマス!
ドリャリャー!

その間ジョナは、

ロビーで猛練習中なのでした。


20060508〜20060510 / Rhythm REC後半/ 武田筆

1日休みを挟んで録音再開。前半で仕上げたリズムトラックにギターや鍵盤を重ねていきます。

やっと出番だよかったね
背中から気合いがみなぎる!

今回ね、言ってしまうとギターの音がほんとカッコイイです。特に歪み。バリヤバイ!
全ては今回エンジニアをしてもらっている、シュガースペクター師匠の腕+機材協力のおかげなんですが、これを見てるギターキッズ諸君&ジョナファンの皆様は期待してていいですよほんと。

名機です
Fujigen "U.N.K.O" Telecaster

あと今回の録音はvasallo crab75の吉田先生にもマニピュレーターとして協力してもらってます。イイ感じのテンションで録音させてもらってます。ありがとうね!

チーズケーキと吉田先生
炎の製作総指揮、けふこ先生お疲れの御様子

地道に少しずつ少しずつ音を重ねて行くこと3日間。無事に6曲分のベーシックを録音することができました。スタジオ地球での作業はここまでで、これからは今回できたベーシックに効果音を足したり、じっくり歌を歌って仕上げに入ります。 徐々に出来上がって行くベーシックトラックを聴いていくと、まるで曲がだんだん成長していくかのようで毎度のことながら感動するんだよなぁ。こればかりは現場にいる人間の特権だNE!

終わった後はスタジオ近くの美味ラーメン屋へ。仕事終わりの一杯は美味いのなんのー。

カウンター横一列
"ほらふき屋"という店です

以下オマケ。今回のREC待ち時間のおとも達。

『尾崎豊物語』中を開けると →
NYの寿司屋で浜省と会うシーンで爆笑
トルティーヤチップ+サルサディップ
合わせて食べると3倍美味い
UNKO帽には勇気をもらった!